2016年7月22日金曜日

ポケモンGO~ポッポ、ビードル、キャタピー、コラッタは取っておけ~

自分のパーティー内に同じポケモンが重複していてもあまり使い道がありません。しかし、博士に渡すという手段があります。そのポケモンを捕まえた場所のマップ下にボタンがあり、それを押すとポケモンは博士に送られます。そして、博士はポケモンと引き換えにアメをくれるのでもう1体のポケモンを早く進化させることができるのです!
ポケモンを捕まえるごとにそのポケモンに対してアメが3つもらえますが、重複しているポケモンを博士に渡すことで実質ポケモン1体につき4つのアメをゲットできることになります。ポケモンを渡す際には必ずCPの低いほうを手放すことを忘れずに。たとえば200CPのフシギダネと40CPのフシギダネがいたら必ず40CPのほうを渡しましょう。

上記の法則が当てはまらないポケモンがいます。ポッポ、コラッタ、ビードル、キャタピーです。ポケモンを進化させるとトレーナーレベルに対して500XPが付与されるので、ポッポがいらないとしてもピジョンに進化させることでXPを獲得できるメリットがあります。
ポッポがよく使われる理由として、ポッポはアメ12個で進化できるということが挙げられます。たとえばコラッタは進化にアメ25個を必要とし、ほかのポケモンは通常50か100個のアメを必要とします。それを考えるとなぜポッポがXP稼ぎにおいて人気のポケモンなのか納得がいくことでしょう。
もしポッポのアメを120個とポッポを10体手持ちで持っていたら、ぜひ進化させましょう。そうすれば一気に5000XP稼ぐことができます。そのうえ、戦略的なタイミングですべてを進化させることでより効果的なプレイができます。